小休止 長文が書けなくて

考えがまとまらず、伝えたいこともわからず、書く元気さえなく、それでも現状を打破したくて続けている。


いつかたくさん書ける日が来ると良い。